最近は芸能人の両親を持つ二世タレントが芸能界で多く活躍しています。
松たか子や杏、宇多田ヒカルをはじめ、両親にひけをとらない活躍をしている人もいれば、芸能界に入ったものの、存在感がイマイチ感じられないという人も。
そこで今回は、芸能人オーラを感じないな~と思う二世タレントについて探ってみました。

芸能人オーラなくない!?と思う二世タレントランキング
1位 IMALU
2位 石橋穂乃香
3位 渡辺裕太
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「IMALU」!


お笑いタレントの明石家さんま、女優の大竹しのぶを両親に持つIMALU。お笑いのプロと演技のプロの間に生まれた才能のサラブレッドと言っても過言ではない彼女。
両親がビッグネームすぎるのも相まって芸能界での活躍はいまひとつとの声が多数。テレビ番組に出演していても、「他の出演者と比べて芸能人オーラが感じられない」と思っている人が多いようです。
また、アーティストなのか、タレントなのか、女優なのか、主戦場がハッキリしない中途半端なイメージを持つ人も。期待が大きかった分、落胆の声が多く、1位となりました。

2位は「石橋穂乃香」!


お笑いタレント・とんねるずの石橋貴明を父に持つ女優の石橋穂乃香。
デビューしたときは話題になったものの、「見た目に華がない」「印象がいまひとつ」など厳しい意見が多数。
飾らない自然な魅力が彼女の持ち味とも言えますが、芸能人オーラがないと感じている人が多く、2位に選ばれました。

3位は「渡辺裕太」!

俳優の渡辺徹と、タレントの榊原郁恵を両親に持つ渡辺裕太。
バラエティ番組や情報番組に度々出演しているものの、お茶の間からは「印象が薄い」「中途半端」と思われてしまっているようです。
両親の個性が強いだけに、ハードルがより高くなっているのかもしれませんね。

このように、二世だからといって誰もが芸能界で活躍できるわけではありません。
気になる4位~46位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの二世タレントに芸能人オーラがないな~と感じますか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年1月16日~2017年1月19日