けがさえなければ!と悔やまれるプロ野球選手ランキング

スポーツ選手にけがはつきもの…。けがの影響で本来のパフォーマンスができなくなってしまったり、引退してしまったりする人も少なくありません。そこで今回は、けがが悔やまれるプロ野球選手について探ってみました。

1位 赤星憲広
2位 伊藤智仁
3位 松坂大輔
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「赤星憲広」!

2001年から阪神タイガースで活躍した外野手・赤星憲広。「球界で最も速い」とも称された盗塁が彼の持ち味の一つ。当時は彼が塁に出ることを恐れた監督やピッチャーが多数。新人王、ゴールデングラブ賞をはじめ、数々のタイトルを獲得しました。そんな赤星は2009年の試合中にダイビングキャッチを試み、以前から煩っていた頸椎椎間板ヘルニアの悪化と同時に中心性脊髄損傷を負いました。この後遺症の影響で、同年に引退。当時はまだ30代前半であったことから、「けががなければまだまだやれた」「もっと赤星のプレイを見たかった」という人が多数。1位となりました。

2位は「伊藤智仁」!

1993年からヤクルトスワローズのピッチャーとして活躍した伊藤智仁。高速スライダーを武器に、多くの勝利をチームにもたらしました。長年ひじ痛・肩痛に悩まされ、右肩の手術も3回受けた伊藤智仁。ひじ痛・肩痛によるパフォーマンスの低下が原因で2003年に引退しました。「けががなければもっと活躍していた」と悔やむ人が多く、2位となりました。

3位は「松坂大輔」!

国内外で活躍した、言わずと知れた名投手・松坂大輔。安定した下半身から繰り出すスライダーで三振の山を築きました。そんな彼もけがに悩まされた選手の一人。右ひじの痛みやけがに苦しみ、2011年にはトミー・ジョン手術も受けています。現在は中日ドラゴンズでプレイしていますが、「けががなければ…」と悔やむ人が多く、3位となりました。
このように、人気と実力を兼ねそろえた名プレイヤーが上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~53位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのプロ野球選手のけがが悔やまれますか?
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,071票
調査期間:2019年5月09日~2019年5月23日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

脚本の完成度が高すぎると思う2000年以降の大河ドラマは?

  • 利家とまつ~加賀百万石物語~(脚本:竹山洋)

    投票
  • 新選組!(脚本:三谷幸喜)

    投票
  • 篤姫(脚本:田渕久美子)

    投票
  • いだてん ~東京オリムピック噺~(脚本:宮藤官九郎)

    投票
  • 西郷どん(脚本:中園ミホ)

    投票
  • 義経(脚本:金子成人、川上英幸(42、45回))

    投票
  • 八重の桜(脚本:山本むつみ)

    投票
投票受付期間:2024/07/11 11:30 ~ 2024/07/25 10:59

投票します。よろしいですか?