最も「演技力」が高い20代俳優ランキング

芸能界には20代の俳優が多数存在します。若手俳優らしい初々しい演技を見せてくれる人もいれば、20代とは思えない迫真の演技で見ている人をあっと驚かせる実力派も!
そこで今回は、最も演技力が高いと思う20代俳優について探ってみました。

1位 菅田将暉
2位 神木隆之介
3位 佐藤健
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「菅田将暉」!

「菅田将暉」
個性派若手俳優として大ブレイク中の菅田将暉。2009年に放送された『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)への出演を皮切りに、数々の映画やテレビドラマに出演。演じる役によって雰囲気を変えるカメレオン俳優として知られています。見た目だけでなく話し方や表情までもがガラリと変わることから、その演技力の高さは多方面から評価されています。
2013年の第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞にはじまり、数々の主演男優賞、助演男優賞を受賞しており、26歳とは思えない受賞歴を誇っています。
現在放送中の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)では、影のあるミステリアスな役柄を熱演し、毎回注目を集めています。「今後どのような役者になるか楽しみ」という人が多く、1位となりました。

2位は「神木隆之介」!

「神木隆之介」
テレビドラマ『グッドニュース』(TBS系)や『あいくるしい』(TBS系)をはじめ、人気子役として活躍していた神木隆之介。20代になった現在は演技の幅をグッと広げ、得意とするあどけない青年役だけでなくミステリアスで冷酷な役柄や、知的で地味な役柄など変幻自在に演じ分けています。
『劇場版 SPEC』シリーズ、『桐島、部活やめるってよ』、『るろうに剣心』シリーズ等、大ヒット映画に多数出演し、どれも演技力が高く評価されています。彼のナチュラルで透明感のある演技に魅了される人が多く、2位に選ばれました。

3位は「佐藤健」!

「佐藤健」
2007年に放送された『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)への出演がきっかけでブレイクした佐藤健。正統派イケメンと称されることが多く、端整な顔立ちで女性人気が爆発!
昨年同時期に放送されていた連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)、『義母と娘のブルース』(TBS系)では相反する役を見事に演じ分け、大きな話題になりました。そんなメキメキと実力をつけている佐藤健が3位に選ばれました。
このように、テレビや映画にひっぱりだこの人気若手俳優が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~57位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの20代俳優が最も演技力が高いと思いますか?
写真:タレントデータバンク
菅田 将暉|1993/2/21生まれ|男性|大阪府出身)
神木 隆之介|1993/5/19生まれ|男性|埼玉県出身)
佐藤 健|1989/3/21生まれ|男性|A型|埼玉県出身)
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年2月21日~2019年2月21日

つづきを読む

ランキング順位を見る

ランキングに参加しよう!

最近結婚したと知って一番ショックを受けた声優は?

投票受付期間:2020/02/22 11:00 ~ 2020/03/07 10:59

投票します。よろしいですか?