数多くの映画の中でも、多くの人の感動を誘うジャンルといえばスポーツ。試合展開にハラハラドキドキしたり、友情を描いたシーンに熱くなったり…涙したことがある人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、最高に感動したスポーツ映画について探ってみました。

1位 タッチ
2位 ROOKIES−卒業−
3位 ウォーターボーイズ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『タッチ』!


野球を題材にした漫画を描かせたら右に出るものはいないと言われている漫画家・あだち充。彼が手がけた有名青春スポーツ漫画が『タッチ』。高校野球をテーマに、双子の兄弟である上杉達也・和也と、彼らの幼馴染の浅倉南の3人の人間模様が描かれた大ヒット作品。
そんな超人気漫画『タッチ』は2005年に実写化され、達也と和也を斉藤祥太・慶太が演じ、浅倉南を長澤まさみが演じました。浅倉南をめぐる達也と和也の三角関係、不慮の出来事、高校野球の手に汗握る試合展開など、見ごたえ抜群。
最初は何をやっても続かないズボラな達也が、メキメキと野球で頭角を現し、甲子園に向けてチームを引っ張る姿に身震いしたという人が多数。永遠の名作が1位となりました。

2位は『ROOKIES−卒業−』!


こちらも高校野球を題材とした人気漫画『ROOKIES』を実写化した作品。部員の起こした不祥事により活動停止になり、目標を失ってやさぐれていた野球部員を、新米教師が体当たりで指導し、甲子園を目指して突き進むという青春ストーリー。
新米教師が学校から“クズ”扱いされていた生徒たちに寄り添い、熱く一人一人と向き合っていく中で信頼関係が生まれ、いつしか固い絆で結ばれるように…。映画では生徒たちの卒業が描かれ、主題歌となったGReeeeNの『遥か』を聞きながら涙した人が多数。2位となりました。

3位は『ウォーターボーイズ』!


男子高校生がシンクロナイズドスイミングに挑戦するという斬新なストーリーで話題になったウォーターボーイズ。最初は何もできない男子高校生たちが次第にやる気を出し、強いチームワークで結ばれ、最後は美しい演技を披露する…そんな集大成の演技を見て感動した人が多数。
この作品を見てシンクロに興味を持ち、実際に学園祭の出し物で挑戦する高校も少なくないとか。そんな人々の心に響いたこの作品が3位となりました。

このように、高校生がスポーツに打ち込む青春ストーリーが上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~47位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのスポーツ映画を見て感動しましたか?

(写真:MANTAN/アフロ)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年10月03日~2017年10月03日