全国津々浦々に点在する「難読地名」、全国的に見ればもちろん、もしかしたら付近にお住まいの方でも読み方を知らない地名があったりしますね。
以前は「天下の台所」とよばれた大阪府も例外ではないようで、様々な難読地名があるとの事。

そこで今回は「大阪の難読地名」をアンケート、ランキングにしてみました。
大阪一の難読地名とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 廿山
2位 茱萸木
3位 毛人谷
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は富田林市の「廿山」!


所属市名も若干難読感のある、富田林市の「廿山(つづやま)」が堂々の1位に輝きました。
富田林市の読み方は「とんだばやしし」と読めなくはないけどちょっと読みにくく、続く「廿山」はかなり読みにくいですね。
地名の由来は付近にある指定文化財「廿山古墳」のようですが、「廿山(つづやま)」自体の由来を見つける事はできませんでした。

2位は大阪狭山市の「茱萸木」!


地名だとなぜか濁らず発音する、大阪狭山市の「茱萸木(くみのき)」が2位を獲得しました。
由来はおそらく植物のグミの木(お菓子の方ではありません)で、漢字でも同じ字の「茱萸(ぐみ)」なのですが、なぜが地名だと濁らずに「くみのき」と読むようです。

3位は富田林市の「毛人谷」!


過去には古墳や城もあった、富田林市の「毛人谷(えびたに)」が3位にランク・インしました。
以前は4つの古墳があり、中世には「毛人谷城」と呼ばれる城があったそうですが、現在はその面影も全く無く、またなぜ「毛人谷」と書いて「えびたに」と読ませるかもはっきりしていません。

いかがでしたか?
大阪の難読地名はそもそも漢字が常用外で読めなかったり、読みが予想外過ぎるものが多い気がします。

今回は「これ読める?読めたらスゴイ大阪の難読地名ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜54位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,318票
調査期間:2017年7月21日~2017年8月04日