レトロゲーと侮るな!夢中になった名作RPGランキング -SFC編-

今年10月5日に復刻版『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』の発売が発表されましたが、ゲームの歴史においてスーパーファミコンとは、外すことのできない伝説のハードかと思います。
特にソフト容量の増加に伴いストーリーやグラフィック、音楽など様々な部分が強化されたRPGは、ソフト各社が社運を賭けて開発・宣伝するほどの気合いの入りっぷりでした。

そこで今回は「夢中になったスーパーファミコン名作RPG」をアンケート、ランキングにしてみました。
みんなを夢中にさせたスーパーファミコンの名作RPGとは、一体どのタイトルだったのでしょうか?

1位 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
2位 スーパーマリオRPG
3位 ドラゴンクエストVI 幻の大地
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』!

7月29日に最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』を発売した日本有数の有名RPGタイトル「ドラクエ」の、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が堂々の1位に輝きました。
モンスターを仲間にできるという大胆なシステム、親子3代にまたがるシナリオ、「結婚」という重大イベントを取り入れた本作は名作との呼び声も高く、各種ハードで度々リメイクされていますね。
当時から結婚相手について終わらない戦争が各地で広げられており、「ビアンカ派」と「フローラ派」が激しい戦闘を繰り広げていましたが、DS版以降第三勢力「デボラ派」も加わり収集がつかないようです。

2位は『スーパーマリオRPG』!

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が開発したマリオシリーズ、『スーパーマリオRPG』が2位を獲得しました。
マリオシリーズ初のRPG作品である事、任天堂とスクウェアのコラボである事などから非常に人気の本作、コミカルな雰囲気なども相まって大人から子供まで夢中になれるRPGでした。

3位は『ドラゴンクエストVI 幻の大地』!

まさかの上位に2タイトルがランク・イン、『ドラゴンクエストVI 幻の大地』が3位にランク・インしました。
前作までのドラクエが比較的自由度が低くシナリオに沿って進行するしかなかったのに対し、かなり冒険に自由度を設けた作品で、スーパーファミコン後期作品という事もあってグラフィックや音楽も非常に綺麗な仕上がりを見せていました。
いかがでしたか?
筆者的には今でもプレイするくらい19位の『ロマンシング サ・ガ3』が好きなのですが、3位の『ドラゴンクエストVI 幻の大地』などと発売時期が被り、知名度が低い事が残念でなりません。

今回は「レトロゲーと侮るな!夢中になった名作RPGランキング -SFC編-」をご紹介させていただきました。気になる4位~50位のランキング結果もぜひご覧ください!
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,444票
調査期間:2017年06月08日~2017年06月22日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

最高だと思う90年代のドラマ主題歌は?

  • 【BURN(THE YELLOW MONKEY)】職員室(1997年)

    投票
  • 【ESCAPE(MOON CHILD)】FiVE(1997年)

    投票
  • 【愛の言霊(ことだま)~Spiritual Message~(サザンオールスター)】透明人間(1996年)

    投票
  • 【LA・LA・LA LOVE SONG(久保田利伸 with ナオミ キャンベル)】ロングバケーション(1996年)

    投票
  • 【恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)】29歳のクリスマス(1994年)

    投票
  • 【空と君のあいだに(中島みゆき)】家なき子(1994年)

    投票
  • 【カムフラージュ(竹内まりや)】眠れる森(1998年)

    投票
投票受付期間:2024/07/24 11:00 ~ 2024/08/07 10:59
話題の記事ランキングいまトピ
  1. 1.
    【放送事故】『Mステ』ハッキリと映ってる…「見えちゃってるじゃん」
    200,016
  2. 2.
    ヤバすぎた『27時間テレビ』7社がスポンサー降板「全く反省してない」「全員嫌いになった」
    125,136
  3. 3.
    ギャル曽根(38)、ついに
    84,664
  4. 4.
    芸能活動休止中に違和感、5億5000万円の損害賠償「当たり前の権利やし」
    59,888
  5. 5.
    「キムタク超え」したか『ドラマ』視聴率は9.6%、全ジャンルでトップを獲得「国民的ナンバーワン俳優になった」
    47,776
  6. 6.
    人間離れ、パーフェクトボディでヤバ過ぎる「全てが不自然」
    40,432
  7. 7.
    「不仲」の深刻さが一際浮き彫りに...2018年を最後に活動休止状態
    31,544
  8. 8.
    2020年に猛バッシング、もうTVに出ないでほしい「女優として飛躍する20代を、不倫で台無しにした」
    30,752
  9. 9.
    『SixTONES』メンバーが報告「グループ脱退するのか?」
    25,232
  10. 10.
    長渕剛、ウンザリか「長くファンでしたが、もう応援やめました」
    23,808
  11. 11.
    この世のものとは思えない『映画』評価が最悪「興行収入は1億500万円」演技やらせたらダメ
    18,672
  12. 12.
    『ドラマ』視聴率4.6%、大失敗&黒歴史確定か「予想外の低評価」
    17,088
  13. 13.
    『アッコにおまかせ』生放送中に3度も謝罪
    14,232
  14. 14.
    『ドラマ』第3話 7.1%「すげー感じ悪い」非難ゴウゴウ
    13,760
  15. 15.
    【夏ドラマ】期待はずれ『ドラマ3選』主人公が根暗、スベってる、爽快感も感動もない
    13,336

投票します。よろしいですか?