皆さんは現在販売されている商品で、「100年以上前から販売されている商品」を挙げる事ができますか?
有名なあの商品が実は明治時代から販売されている、なんて事もあるそうで、100年以上も愛され続けている商品が結構あるとか。

そこで今回は「実は“100年超え”のロングセラー商品」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番驚かれたロングセラー商品は、どの商品だったのでしょうか?

1位 三ツ矢サイダー
2位 トマトケチャップ(カゴメ)
3位 森永ミルクキャラメル
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「三ツ矢サイダー」!

1884年(明治17年)から販売され、今も人気の炭酸飲料「三ツ矢サイダー」が堂々の1位に輝きました。
日本にソーダ(炭酸飲料)が伝来したのはペリー来航(1853年)の頃と言われており、実は思いの外歴史の長い商品だったりします。
当時は「三ツ矢平野水(みつやひらのすい)」として販売され、あの夏目漱石の小説内に登場したり、宮沢賢治が愛飲していた当時から人気の商品だったようです。

2位は「トマトケチャップ(カゴメ)」!

1908年(明治41年)から販売され、今も洋食では欠かせない存在の調味料「トマトケチャップ(カゴメ)」が2位を獲得しました。
ケチャップといえば「トマトケチャップ」がすぐ想像されるのですが、語源になったケチャップは「魚介類やキノコ、野菜などを材料とする調味料」を指すそうで、魚醤がイギリス、アメリカを経て誕生したと考えられているようです

3位は「森永ミルクキャラメル」!

1899年(明治32年)から製造され、黄色いパッケージが目印の森永製菓「森永ミルクキャラメル」が3位にランク・インしました。
キャラメル自体がいつ日本に伝来したのかは定かではないのですが、日本の高温多湿の環境下ではキャラメルが溶けてしまい、改良を重ね現在のミルクキャラメルが1914年(大正3年)に完成したそうです。

いかがでしたか?
意外な商品が多く、人気の商品は当時から人気だったんだなぁと感慨深いものがありました。

今回は「実は“100年超え”のロングセラー商品ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜34位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年2月10日~2017年2月15日