女性に聞いた、実は周りの目線が気になる「ひとり○○」ランキング

一人で食事や遊びに出かける「おひとりさま」。好きなことに思う存分時間とお金をかけることができますが、多少他人の目は気になるものですよね。そこで、今回は女性の皆さんに、実は周りの目線が気になる「ひとり○○」について聞いてみました。どんなシーンがあるのでしょうか。早速見ていきましょう。

■女性に聞いた、実は周りの目線が気になる「ひとり○○」ランキング
1位:一人カラオケで店員がドリンクを持ってきたとき
2位:自撮り棒を使い自撮する時にポーズをとっているとき
3位:ひとりプリクラを撮っているとき
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《一人カラオケで店員がドリンクを持ってきたとき》が選ばれました。歌う順番や空気などを気にせず、好きなだけ楽しむことができる一人カラオケですが、ノリノリで歌っている時に定員がドリンクを運んできた時は、「ちょっときまずい…」と思う人が多いようです。

2位には《自撮り棒を使い自撮する時にポーズをとっているとき》がランク・イン。撮影者が自分だけとなる「おひとりさま」の場合、自撮り棒は話題のスポットやスイーツと自分を一緒に撮るためには便利なアイテムとなります。しかし便利な反面、周りからの目線をひしひしと感じることも多いもの。特に決めのポーズをとっている時は、もっとも恥ずかしいと思う瞬間かもしれませんね。

3位は《ひとりプリクラを撮っているとき》でした。プリクラマシーンの中に入ってしまえば、後は一人で存分に楽しめますが、入る前と出る時はちょっと周りを確認してしまいますよね。ついキョロキョロしてしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

一人で楽しめる分、周りの目が気になるシーンもあるかもしれませんが、ひとりカラオケ専門店『ワンカラ』や、出会いのチャンスが広がる、出会える焼肉『六花界』など、一人○○は進化し続けています。まだ一人○○にチャレンジしたことがない人は、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:20~30代女性250名
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

脚本の完成度が高すぎると思う2000年以降の大河ドラマは?

  • おんな城主 直虎(脚本:森下佳子)

    投票
  • 風林火山(脚本:大森寿美男)

    投票
  • 北条時宗(脚本:井上由美子)

    投票
  • 功名が辻(脚本:大石静)

    投票
  • 篤姫(脚本:田渕久美子)

    投票
  • 平清盛(脚本:藤本有紀)

    投票
  • 新選組!(脚本:三谷幸喜)

    投票
投票受付期間:2024/07/11 11:30 ~ 2024/07/25 10:59

投票します。よろしいですか?