医師だったら転職しても付いていきたい!俳優ランキング

医療現場を舞台にさまざまな医師や看護師が活躍する医療ドラマ。魅力的な登場人物や人間ドラマ、緊迫感のある医療シーンなど、その多くが私たちを虜にしてくれますよね。高視聴率を獲得する医療ドラマには、医師役を演じる俳優の存在がキラリと光っているもの。その迫真の演技は、まるで本当に存在しているかと錯覚してしまうほど…。そこで今回は、この人が医師だったら転職してその病院に行きたいと思う俳優を看護師の皆さんに聞いてみました。

■この人が医師だったら転職してその病院に行きたいと思う俳優ランキング
1位:「救命病棟24時」の江口洋介
2位:「JIN-仁- 」の大沢たかお
3位:「Dr.コトー診療所」の吉岡秀隆
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《「救命病棟24時」の江口洋介》が選ばれました。
実に4割以上の人が《「救命病棟24時」の江口洋介》と回答しています。「救命病棟24時」は、1999年からフジテレビ系列で放送された人気の医療ドラマシリーズです。都立第三病院救命救急センターを舞台に、江口洋介演じる天才外科医、進藤一生の活躍に胸をときめかせた人も多かったのでは。
2位には《「JIN-仁- 」の大沢たかお》がランク・イン。
江戸時代にタイムスリップする医師役を演じたことで有名ですよね。さまざまな困難に直面しながらも、外科医としての使命を全うしようと翻弄する姿を見事に演じていましたよね。綾瀬はるか演じる橘咲を始めとした周囲の人に対する細やかな心配りも、人気の理由ではないでしょうか。
3位は《「Dr.コトー診療所」の吉岡秀隆》でした。
沖縄の離島にある小さな診療所を舞台に描かれる人間模様。吉岡秀隆が演じた主役のDr.コトーこと五島健助は、穏やかで真面目な性格。とぼけた表情を見せながらも医師としては天才的な才能を発揮するという役柄が人気の秘訣かも知れません。
個性的なキャラクターが多数ランク・インした今回のランキング。医療ドラマで描かれる魅力溢れる医師たちは、看護師たちにとって憧れの的だったようです。あなたが憧れたキャラクターは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「NTTコムリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月13日~2015年3月17日
有効回答者数:現役看護師:164名
gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加しています。当サイトの記事を経由して商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

続きを読む

ランキング順位を見る

notification icon

gooランキングのプッシュ通知を受け取る

gooランキングの情報をお届けします。
プッシュ通知を受け取りたい方は「プッシュ通知を受け取る」を押して頂き、
さらに後から表示されるポップアップの「許可」を押してください。
ランキングに参加しよう!

最高だと思う90年代のドラマ主題歌は?

  • 【LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)】愛していると言ってくれ(1995年)

    投票
  • 【ラブ・ストーリーは突然に(小田和正)】東京ラブストーリー(1991年)

    投票
  • 【遠い街のどこかで…(中山美穂)】逢いたい時にあなたはいない・・・(1991年)

    投票
  • 【碧いうさぎ(酒井法子)】星の金貨(1995年)

    投票
  • 【カムフラージュ(竹内まりや)】眠れる森(1998年)

    投票
  • 【さすらい(奥田民生)】Days(1998年)

    投票
  • 【I for You(LUNA SEA)】神様、もう少しだけ(1998年)

    投票
投票受付期間:2024/07/24 11:00 ~ 2024/08/07 10:59

投票します。よろしいですか?