1. 1位

    ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟。人の齢。春、夏、秋、冬。

  2. 2位

    遠くて近きもの 極楽。舟の道。人の仲。

  3. 3位

    にくきもの、急ぐことある折りに来て長言する客人。

  4. 4位

    遊びは 夜。人の顔見えぬほど。

  5. 5位

    冬は、いみじう寒き。夏は、世に知らず暑き。

  6. 6位

    はづかしきもの 男の心のうち。

  7. 7位

    男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。

  8. 8位

    よろづのことよりも、情けあるこそ、男はさらなり、女もめでたくおぼゆれ

  9. 9位

    星は すばる。彦星。夕づつ。よばひ星すこしをかし。尾だになからましかば、まいて。

  10. 10位

    雲は 白き。紫。黒きもをかし。風吹くをりの雨雲。