1. 1位

    カバンや時計を贈ってはいけない

  2. 2位

    履物や靴下を贈ってはいけない

  3. 3位

    仲人媒酌人には最低3年贈る

  4. 4位

    お中元の品と併せて挨拶状をつける

  5. 4位

    関西は7月下旬から8月中旬までに贈る

  6. 6位

    関東は7月初めから土用の入り前までに贈る

  7. 7位

    目上の人へ贈る場合の、のしの表書きは「暑中御伺い」「残暑御伺い」にする

  8. 8位

    インターネット注文で送る場合は、ハガキや手紙を別送する

  9. 9位

    喪中のときに贈る場合は、のし紙や水引はつけない

  10. 10位

    のし紙は『花結び祝』『一般お祝い用』をつける

1位に選ばれたのは《カバンや時計を贈ってはいけない》でした。カバンや時計は「勤勉」を意味し、目上の方に贈るのは失礼とされているそう。2位の《履物や靴下を贈ってはいけない》も履物や靴下が「踏みつける」という意味があり、NGなのだそうです。なんで ... 続きを見る

このランキングのコラムを見る