1. 1

    かねます

    <生うにの牛巻き>ウニと牛肉が共演する、その美しく豪華なビジュアルに思わずうっとり。ウニの甘みが牛肉のコクと合わさりウマさ倍増。口の中から無くなってもまだ美味しい不思議。1+1が10ぐらいに感じてしまう魅惑の一皿。

  2. 2

    魚竹

    <秋さばあぶり>淡路島の根つき鯖の炙りは、艶っぽく見えるほど脂がのった極上品。 青魚の臭みが全く感じられないのは当然として、脂がしっかりのっていながらも繊細で、炙りにしたことで複雑な旨味が口の中に広がります。

  3. 3

    産直屋たか

    <国産はまぐりの炙り>鮮度抜群の捌きたての大分別府産天然ハマグリの磯焼き&炙り。 加熱しても縮まない天然ものはぷっくり柔らかな海の薫り。そしてじゅわっとあふれだす旨みは極上。炙りの芳ばしさと合いまって官能的な一品です。

  4. 4

    大衆料理 川治

    <くじらステーキ>大衆居酒屋らしい、お酒に合う一品。しっかりと味を利かせた薄切りのクジラは、箸とグラスの往復運動が止まらなくなる魔性の一皿。あしらいの葱が口の中をサッパリとさせ、その速度をさらに加速させる。

  5. 5

    いしだや

    <真子鰈の煮付け>鰈の中でも一番の美味と断言する職人は少なくない魚ですが、その魚を上品な味付けで仕上げています。 くりくりっとした歯触りとさっぱりとした食味の中にも、ほのかな甘みとざわめくような旨みが存在しています。

  6. 6

    稲毛屋

    <鰻の白焼き>国産の天然鰻を使用しており、関西風か関東風か焼き方が選ぶことができます。 関東風は焼き加減が程よい柔らかさで、ふっくらした身も香ばしい皮もたまらなく美味。 山葵塩で食べるのが、さっぱりしていて白焼には合います。

  7. 7

    車屋

    <鯖寿司>名物の鯖の一本寿しは誰もが頼む看板メニュー。 脂ののった肉厚で新鮮な鯖を丸ごと一本使った豪快なお寿司です。 軽めに〆られた鯖は輝きを放っていて、酢飯には胡麻や大葉がちりばめられていて風味も豊か。

  8. 8

    小路小路

    <特大ムラサキウニしゃり詰め>雲丹のシーズンのみ食すことができる、雲丹の殻を器にした名物料理。 上層に半熟卵とあおさ、中層には酢飯、最下層に雲丹の三段構え。 全てを混ぜ合わせれば、リゾット風の様相に早変わりする最後まで食べ手を飽きさせない逸品。

  9. 9

    こころむすび

    <天然穴子の一夜干し>日本海の荒海にもまれた活きの良い天然の真穴子を、海水塩だけで仕上げた干物。 口にふくめば、身も厚く素材の甘さと旨みが舌に心地の良い感触を与えてくれる。 干物職人が自信をもって薦めるのがわかる、納得の逸品です。

  10. 10

    しゃけ小島

    <上しゃけ塩焼き>使用している釧路産の生時鮭は、身は肉厚でふっくらし脂ののりも申し分ない。 焼く直前に塩を振っているので身が締まりすぎず、香ばしい焼き上がりで皮がパリパリ。 塩加減も絶妙な塩梅なので、ご飯が進みます。

このランキングのコラムを見る