1. 1

    鳥つね自然洞 /親子丼

    鶏肉は比内地鶏と名古屋コーチンのモモとムネをバランスよく使用。 職人技の繊細な火入れによって絶妙なとろとろ感を生んだ良質な卵が、甘さを抑えた割り下と相まって弾力ある鶏肉とご飯を包み込む。

  2. 2

    つじ半/海鮮丼

    当日の仕入れ状況によって具が変わる海鮮丼。 刺身のもったりした食感と貝類とコリコリ感が良いコントラストを醸し出しています。 完食後に鯛だしの〆があるのは満足度が増します。

  3. 3

    伊勢廣/焼鳥丼

    ご飯が見えないほど焼鳥がびっしりとのっているボリューム満点の丼。炭火焼の香ばしさと鶏肉の旨味が存分に味わえます。 その焼鳥の旨さをしっかりと受け止めているご飯の炊き具合がこれまた絶妙。

  4. 4

    御曹司 松六家/極上黒毛和牛ひつまぶし

    極上黒毛和牛がたっぷりのった贅沢な丼。 まずはそのまま肉と秘伝ダレを味わい、その後お好みの薬味を肉に乗せて味わう。最後に薄味の出汁をかけてお茶付け風にと三段活用の食べ方を楽しむことができる。

  5. 5

    土手の伊勢屋 /天丼

    老舗の底力を感じれる天丼。上質の胡麻油を使って高温で一気に揚げるためカラッとした食感で、意外なほど軽く食べられます。 特にイカのかき揚げが、肉厚なのに身が素晴らしく柔らかいことには驚かされる。

  6. 6

    よね家/鳥わさ丼

    鶏のささみが美しく盛り付けられている丼。鶏肉は表面だけ軽く湯引きしてあり、中身はほぼ生の状態なので鶏の旨味がストレートに味わえる。 醤油とみりんベースのタレが、山葵の風味と共に鶏肉の旨みを引き立てる。

  7. 7

    瀬川 /まぐろ丼

    酢飯には香りを立たせた海苔を敷きまぐろを並べ、刻みしょうが・わさび・大葉を添える程度のシンプルな丼。新鮮な本まぐろを使った漬けは旨味が流れぬよう、注文後に自家製の醤油だれに漬け込むこだわりよう。

  8. 8

    玉ゐ/穴子丼

    見たところまるでうなぎの蒲焼きですが、一口ほうばれば、やはり穴子の甘味と柔らかさ。タレはかなり甘めですが、薬味をたっぷり乗せたり、あるいは出汁をかけてひつまぶしのようにいただくのにはいい感じです。

  9. 9

    坂本屋 /カツ丼

    割り下の甘みと塩辛さのバランスが絶妙のカツ丼。脂身がほとんどない肉は軟らかく、細切りの玉ねぎと一緒に頂くととても美味。サクッとした衣の食感が最後の一切れを頂くまでしっかりと絶妙に残っています。

  10. 10

    十三や/牛ヒレ丼

    柔らかい牛ヒレ肉を網で焼いていき、軽く火を通したら薄く切り分けご飯にのせていく丼。牛ヒレ肉は、外側はややカリッと中身はジューシーなレア。醤油バターベースのタレとほのかに香る大葉の風味が食欲をそそる。

このランキングのコラムを見る