1. 1位

    結ぶ形がポイント!○から、縦長のぷっくり膨らんだ△に変えるだけで大人っぽい字に早変わりです。書く頻度が非常に高い文字なので是非マスターしましょう!

  2. 2位

    結んだ丸の位置が大切。2画目を下に降ろした一番下で結びます。途中で○を結ぶと幼い文字になってしまいます。子供に非常に多い字形です。

  3. 3位

    2画目をどちらに引くかで決ります。真っすぐ下に引かず、左下に倒します。それだけで、文字幅が広がり、安定感が増します。

  4. 4位

    2画目に注意しましょう。直線ではなく、カーブさせます。それだけで、上級の文字に早変わりです!ひらがなは曲線を上手く使えると柔らかい感じにみえます。

  5. 5位

    1画目のスタートの位置と一度折れてから左下に出る位置が、揃う位置でストップしないで、出します。安定感良く広がりましょう。仲間に「ろ」があります。セットで覚えるとよいでしょう。

  6. 6位

    3画目の下で結ぶ○の形に気をつけましょう。横長にします。丸いと子供っぽく見えます。仲間に「ほ」「は」「よ」「ね」「ぬ」があります。まとめて覚えてしまいましょう!

  7. 7位

    1画目の点と2画目の右から左下への折れの位置を揃えます。揃えないで、2画目の横画の真ん中に1画目の点が乗ると幼い文字になります。仲間に「う」があります。背中を揃えましょう。

  8. 8位

    最後の点の位置に気をつけましょう。1画目の横画の延長と2画目の右サイドの交点にうちます。外に飛び出ると字形が扁平になり、逆に内側に入ると、余白が潰れます。「む」も仲間です。

  9. 9位

    最終画の終筆の位置がポイントです。長すぎで、2画目の下まで伸びるケースが多いです。2画目の終筆より左側で止めましょう。「き」も仲間です。

  10. 10位

    1画目の終わりと3画目の終わりが揃うと、横長の扁平になります。3画目は長く伸ばすと、立体的になり、見栄えがします。

このランキングのコラムを見る