1. 1位

    回し蹴り

    空手の代名詞とも言える有名な回し蹴り。これは膝を身体の外に抱えるようにして、腰の捻りと共に足をムチのようにしならせて蹴ります。この動作にはウエストの捻りが入りますので、くびれをつくりたい方に適した蹴りです。

  2. 2位

    横蹴り

    膝を軽く正面に抱えた所から足を真横に伸ばします。最初は腰の高さ、慣れてきたら胸の高さを目標にします。蹴る側の脇腹は縮めるように意識しますので、ウエストラインの引き締めに適した蹴りです。

  3. 3位

    後ろ蹴り

    後ろに向かって足を伸ばす動作です。実際には身体を回転させて正面に出すものですが、最初は静止した状態で後ろを蹴るようにします。足が伸びた時には臀部に力が入りますので、ヒップラインの引き締めに効果があります。

  4. 4位

    前蹴り

    前蹴りはシンプルに膝を抱えた状態から前に向かって足を伸ばすものです。足が伸びた時に1秒程度静止するようにします。そうすると太ももに力が入ります。下半身、特に太ももの引き締めに効果のある蹴りです。

  5. 5位

    下段払い

    受け技ですが、準備では右拳を左耳の横に置き、右足の前に向かって斜めのラインで動かします。この動作では二の腕に力が入ります。手を伸ばすという動作は上腕三頭筋に力が入りますので二の腕の引き締めに効果があります。

  6. 6位

    外受け

    準備では肘を曲げて右拳を右耳の辺りに置き、肘を身体の中心に移動させて肘を90度に保ったままで止めます。外から内へと力が入ります。この時に胸の筋肉を意識すると大胸筋に力が入り、バストアップが図れる動きとなります。

  7. 7位

    中段突き

    空手の代表的な突きです。拳を腰に位置した所から前に向かって伸ばします。手を伸ばす動作なので二の腕の引き締め効果になりますが、手が伸びきった所から肩甲骨をさらに伸ばすようにすると、背中の引き締めにもなります。

  8. 8位

    膝蹴り

    シンプルに膝を胸の高さに抱えるという動作ですが、この時に床を蹴って足を挙げるのではなく、足の内側にあるヒモを引っ張るようなイメージで挙げます。これによってインナーマッスルが使われ脂肪燃焼効果も期待できます。

  9. 9位

    三戦立ち

    右足を一歩出して両足のつま先をやや内向きにして、指先で床を掴むように意識します。現代女性は指が地面から浮いて「浮き指」が多く、バランスの悪い立ち方になってしまっているので、指を使うことで美脚にもつながります。

  10. 10位

    騎馬立ち

    足を肩幅より広くとって、つま先を水平にして腰を落とすことで空気椅子のように下半身に力が入ります。太い筋肉を使うことは全身のシェイプアップにも役立ちますし、この姿勢で6位の外受けの練習をすれば上半身・下半身が同時に鍛えられます。

このランキングのコラムを見る