1. 1位

    日射病

    全身の倦怠感、吐き気、あくびから始まり、やがて頭痛や意識障害などを起こす症状です。

  2. 2位

    熱失神(熱中症)

    脳へ運ばれる血液量が減り、めまい、たちくらみ、失神が起こります。

  3. 3位

    熱けいれん(熱中症)

    多量の発汗により電解質のバランスが崩れ、足、腕、腹部などの筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

  4. 4位

    熱射病(熱中症)

    脳の機能が異常をきたし、意識がうすれる、なくなります。

  5. 5位

    メラノーマ(悪性黒色腫)

    皮膚がんの一種で、ほくろや黒あざから発生し、ほくろに似ているが、ふちがはっきりしていなくてギザギザしていて、色むらがあります。

  6. 6位

    光老化

    シミ、しわ、たるみ、毛穴の開き、くすみ、肌色が黄ばむ、きめ粗、角化異常が起こります。

  7. 7位

    基底細胞がん

    皮膚がんの一種で、「ほくろ」によく似ており、そのうち真ん中の部分がえぐれて潰瘍(かいよう)となり、出血します。

  8. 8位

    有棘細胞がん

    皮膚がんの一種で、皮膚がふぞろいな形の皮膚の盛り上がり、ゴツゴツとした形に。しこりの真ん中がえぐれて、びらん(ただれ)や潰瘍(かいよう)が発生し、出血したりします。

  9. 9位

    熱疲労(熱中症)

    脱水が進み、頭痛、吐き気、脱力感、倦怠感が出ます。

  10. 9位

    白内障

    目の水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。最悪は失明してしまいます。

1位は《日射病》でした。子どものころ、夏の外出時に「日射病になるから帽子をかぶりなさい」と言われた経験がある人も多いかと思います。《日射病》は全身の倦怠感、吐き気、あくびから始まり、頭痛や意識障害なども起こす可能性があるコワイ病気。今まで軽 ... 続きを見る

このランキングのコラムを見る