1. 1位

    イメージキャラがパンダカー

    かつてデパートの屋上で100円入れて乗ったアレ。このパンダカーが花やしきのイメージキャラとして大活躍。人形焼きならぬパンダカー焼きをはじめ園内ではグッズも多数販売。次にブレイクするゆるキャラになるかも?

  2. 2位

    ローラーコースターが還暦

    昭和28年に設置された日本最古の現役コースターは今年還暦を迎え、まだまだガンバる模様。全長230m、最高時速42km、最高軌道地上11m、1周時間1分30秒。そのスリルにアナタは耐えられるか!?

  3. 3位

    意外にも絶景

    笑運閣門のある3階立ての建物の屋上が展望フロアになっていて、ここからは浅草寺の五重塔、東京スカイツリー(R)、アサヒビールビルの眺めを一望できます。カップル向けのフォトスポットもあり、夜景はロマンチック。

  4. 4位

    良縁に恵まれるらしい

    展望フロアの隅に笑運閣「ブラ坊」の杜とよばれるパワースポットがあり、祀られている「ブラ坊さん」は結婚・良縁の神様。腰をなでると玉の輿運がアップするとか。

  5. 5位

    ホッピーが飲める

    夢と魔法の国でアルコール飲料が飲めるようになったときにはニュースになたものですが、ここは浅草。ビールはもちろん、ちゃんとホッピーだって飲めるんです。

  6. 6位

    日本の動物園のルーツだった

    花やしきでは明治時代に遊具が置かれ、珍しい鳥や猛獣の飼育もスタート。大正時代にはトラの五つ子が、昭和6年にはライオンの赤ちゃんがそれぞれ誕生して大評判になったそうです。

  7. 7位

    FM局を併設している

    ビックリハウスの近くに見える赤いブースは、ミニ FM&インターネットラジオ局「あさくさ FM」のサテライトスタジオ。

  8. 8位

    少女歌劇団が存在する

    現在、小中学生の少女たち約40名が在籍し、毎週日曜には園内のステージに出演しています。芸能発祥の地である浅草を中心に、地域イベントなどにも参加。

  9. 9位

    レッツゴー三匹がいる

    園内の随所にレトロなキャラクターが鎮座し、実にユニークな名前が付いているのです。ちびっこタクシーの近くにはレッツゴー三匹なるトリオが!

  10. 10位

    まさか水族館まで…

    ローラーコースター乗り場前の池に流れ落ちる「不動の大瀧」。その横に洞窟内には、なんと「しいらかんす」や「りゅうぐうのつかい」が展示されています。ご愛嬌。