1. 1位

    吾妻橋

    浅草側からは橋越しにスカイツリーが望める絶好の撮影スポット。ふもとからは隅田川水上バス遊覧乗り場も。

  2. 2位

    駒形橋

    関東大震災の復興計画により架けられた橋。それまでは「駒形の渡し」がありました。橋の名前は橋のたもとにある浅草寺のゆかりの「駒形堂」にちなんでいます。

  3. 3位

    蔵前橋

    江戸時代に幕府の米蔵があったことから、稲穂にちなんだ黄色に塗られています。昭和59年まで東詰国技館があったので、バルコニーには力士のレリーフも。

  4. 4位

    両国橋

    シンプルな構造のなかにも、ガードレールに軍配や花火のモチーフをあしらうなど、デザインに工夫をほどこしています。

  5. 5位

    新大橋

    江戸時代に大橋とよばれた両国橋に続いて架けられたので新大橋と名付けられました。その後20回以上も架け替えられ、今の橋は昭和52年にできたもの。

  6. 6位

    清洲橋

    ドイツのライン川にある吊り橋をモデルにした優美な吊り橋。永代橋、勝鬨橋と共に国の重要文化財に指定されています。

  7. 7位

    永代橋

    雄大なアーチを描くたくましい永代橋。現在の橋は、関東大震災後に復興を力強く示すシンボルとして再架橋されました。

  8. 8位

    中央大橋

    中央部の主塔から斜めに張られたケーブルが橋桁を吊る斜張橋。平成5年に完成したモダンなデザインで、隅田川でも比較的新しい橋。

  9. 9位

    勝鬨橋

    日本で最大規模を誇る可動橋として建設されたものの、交通量が増大するにつれ開閉は停止されました。両端のアーチ型が特徴です。

  10. 10位

    レインボーブリッジ

    芝浦とお台場を結ぶ、東京湾のシンボル的存在。約1.7kmの遊歩道を歩けば、ウォーターフロントの絶景が広がります。《写真提供》東京都港湾局