1. 1位

    フランダースの犬

    1975年1月5日から同年12月28日に放送された「世界名作劇場」第1作目。
    両親を失って祖父と暮らす少年「ネロ」と賢い大型犬「パトラッシュ」の、ささやかな日常と悲劇とも呼べるラストを描いた作品。

  2. 2位

    小公女セーラ

    1985年1月6日から同年12月29日に放送された「世界名作劇場」第11作目。
    富豪の娘「セーラ」が10歳(作中で11歳の誕生日を迎える)の時に迎えた波乱万丈な歩みの物語。

  3. 3位

    母をたずねて三千里

    1976年1月4日から同年12月26日に放送された「世界名作劇場」第2作目。
    イタリアで暮らす少年「マルコ」がアルゼンチン共和国に出稼ぎに行ったっきり音信不通になった母を訪ねる壮大な物語。

  4. 4位

    赤毛のアン

    1979年1月7日から同年12月30日に放送された「世界名作劇場」第5作目。
    赤毛でそばかすが特徴の孤児「アン」が色々な事件を経ながら成長していく物語。

  5. 5位

    あらいぐまラスカル

    1977年1月2日から同年12月25日に放送された「世界名作劇場」第3作目。
    動物が大好きな少年の「スターリング」とあらいぐま「ラスカル」のペットや野生動物について考えさせられる物語。

  6. 6位

    ロミオの青い空

    1995年1月15日から同年12月17日に放送された「世界名作劇場」第21作目。
    病に倒れた父のため自ら人身売買人に身を売り、煙突掃除夫として働く少年「ロミオ」の困難に立ち向かう物語。

  7. 7位

    名犬ラッシー

    1996年1月14日から同年8月18日に放送された「世界名作劇場」第22作目。
    一人っ子で両親が共働きで寂しい思いをしていた少年「ジョン」とコリー犬「ラッシー」の心温まるおだやかな物語。

  8. 8位

    家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ

    1981年1月4日から同年12月27日に放送された「世界名作劇場」第7作目。
    5人家族のロビンソン家が無人島に溶着しサバイバル生活を強いられつつ、文化圏に戻るために過酷な航海を目指す物語。

  9. 9位

    トム・ソーヤーの冒険

    1980年1月6日から同年12月28日に放送された「世界名作劇場」第6作目。
    田舎町に住むいたずら好きの少年「トム」とならず者の「インジャン・ジョー」が繰り広げる事件の物語。

  10. 10位

    ペリーヌ物語

    1978年1月1日から同年12月31日に放送された「世界名作劇場」第4作目。
    両親を失った少女「ペリーヌ」が自身の素性を隠し祖父の織物工場で働きつつ、甥と工場長の陰謀を退けながら成長していく物語。

このランキングのコラムを見る