1. 1位

    補正下着を着てはいけない

    以前、結婚本を書いたときに500人の男女を取材したのですが、そのとき一番衝撃を受けたのが、「モテと下着の関係」でした。モテる女性は全員が、女性らしくてかわいい下着を身につけていたのですね。逆に、「こんな美人でなぜモテないの?」と思う人たちは、下着がなおざりだったり、機能性や値段の安さをより重視していたのです。もしかしたら、下着にはファッションやメイクで取り繕うことのできないその人の「本質」が出るのかもしれません。
    その後、読者さんからは、「思い切って下着を変えたら、5年ぶりに彼ができました」(OL/31歳)というメールをたくさんいただきました。彼が欲しくば、絶対に下着をかわいくするべきです。

  2. 2位

    みんなに優しくしてはダメ

    大人になるとどうしても、あらゆる人にヒイキせず、平等に接しようとするものですが、それが板につき過ぎてしまうと、なかなか彼はできません。なぜなら、恋とはひとりだけを特別扱いすることだから。「飲み会でいいなと思った子がいたけど、彼女が参加者全員にCCでメールをくれたので、脈がないなとあきらめた」(男/28歳)なんて声もあがっているのです。平等精神はほどほどにして、「好き」という感性を大切にしましょう。

  3. 3位

    会の参加者を事前にチェックしない

    彼が欲しいといいながらも、なかなかできないという人は、「出会っていない」だけなのがほとんど。独身男性と出会う回数を増やすだけでも、彼はできやすくなります。私の調査では、アラサー以下なら、月に2回以上「出会いの場」に出かけると、3ヶ月以内でたいていの人に恋の機運が生まれていました。
    誘われたときに、「それって、どんな人が来るの?」とか、「イケメンが来ないなら行かない」といっていると、出会いなんてあるはずがない。フットワークを軽くして、月に2回以上、独身男性と会うようにすれば、バッチリだと思います。

  4. 4位

    つけまつげをつけない

    女性としてかわいくなるためにも、「まずはアイメイクを頑張ろう」などと思ってしまうものですが、男性はアイメイクし過ぎる女性に、どん引きするみたいです。「すっぴんで、街ですれ違ったとき、気づかれなかった(女/30代)」なんて声もあるので、アイメイクはほどほどに。マスカラの2重づけも、評判はイマイチです。

  5. 5位

    神頼みを漠然としない

    出会いがないときって、神様にお願いしたくなりますよね。拙著新刊では、“崖っぷち婚活隊”と一緒に神頼みツアーに出かけたのですが、わかったことが一つありました。神頼みにはコツがある!
    「幸せになれますように」という漠然としたお願いよりも、「結婚にいたるパートナーとめぐり合えますように」というような具体的なものがいい。さらに、「まずは、感謝を口にする」とか、「自分の住所と名前をいう」「期限をいう」など、効果的なお参りにはお作法があるようなので、意識するといいですよ。

  6. 6位

    運命の恋を信じてはいけない

    運命の恋を信じる人は、出会いがしらに「ピピッ」と思う人を求めてしまいがち。その結果、14位にあげた「会ってすぐH」なんてことにもなりかねません。だけどそれって運命というよりも、実は、単に「好みのタイプ」というだけ。大人の女性なら、運命の恋があるなんて思い込まずに、出会いを運命に変えてゆく力=「育てる力」を身につけましょう。

  7. 7位

    メールで駆け引きをしない

    素敵な人に出会ったときに、自分からメールしていいかとか、返信はどのタイミングでするとか、悩んでしまうものですが、素敵な彼をゲットした女性はそんなことには悩みません。「好きだから自分から誘ったのが、彼と付き合うきっかけです」(女/32歳)というふうに、気持ちを素直に表すのがモテる女性の態度です。それに、「駆け引きしているのはわかる」(商社/29歳)、「駆け引きされるとどん引きする」(30歳/通信)という声もある。思い悩みすぎる前に、素直に行動しておきましょう。

  8. 8位

    話し過ぎない

    異性と知り合ったときには、自分がどんな人間かを教えたくなるものですが、話す割合は「話す3割、聞く7割」が好感をもたれる黄金ルールです。それに、男性はすべてを知ると、途端に興味を失う生物。情報は小出しにして、末永く興味を持ってもらうのが大事です。

  9. 9位

    不幸自慢をしない

    せっかく楽しい会に出かけても、なぜか自分の不幸自慢をし始める人はモテません。「かわいいね」っていわれても、「いいえ、メイクを取るとひどいんです」とか、「ずっとモテない人生です」などといっては、はずむ話もはずみませんよね。そんな自意識過剰な態度は捨てて、「ありがとうございます」「〜〜さんこそ、素敵ですね」などと相手に話をふるくらいの余裕で会話を楽しみましょう。周りの目が違ってくるハズですよ。

  10. 10位

    掃除をサボらない

    よくいわれる話ですが、「掃除をすると彼ができる」。とはいえ、簡単に済ませるレベルでは効果は少し薄いよう。ポイントは掃除機や雑巾を使って隅々まできちんと磨くこと。「埃は厄と思って、毎日掃除機をかけるようにしたら、1ヶ月後に出会いがありました」(女/28歳)という声を真似て、部屋から厄を全部掃き出しちゃいましょう。

このランキングのコラムを見る