1. 1位

    彼の行動をいつもチェックしている女

    「あなた浮気してるんでしょ」と、やたらに彼を疑う彼女がいます。疑うだけならまだしも、彼の携帯や手帳をチェックし、尾行までする彼女も珍しくありません。最近、彼の居所をGPSで把握できるアプリが話題になりましたが、そこまでしたら彼に捨てられても文句は言えません。信頼の上に成り立つのが人間関係なのです。

  2. 2位

    彼の健康にアドバイスする女

     彼の健康を気遣う彼女は素晴らしいかも知れませんが、やり方にはひと工夫ほしいところです。男性に成人病の兆候が見えるのは、不規則・不摂生な食事、酒量が増えたことなどによる場合が多いわけですが、その生活を真っ向から否定してみたところで、すぐに改められるものでもありません。それを厳しく指導するような事をすれば、彼は疲れてあなたの元から去って行くでしょう。完璧なカロリー計算より、「お疲れさま」の一言が彼を癒やすのです。

  3. 3位

    彼のために毎日弁当をつくる女

     同じ職場の彼のためにせっせとお弁当をつくって来る彼女。一見すると仲むつまじい、うらやましいような光景です。でも、彼は本当にそれを望んでいるのでしょうか。会社で食べるのが恥ずかしくて、三年間、愛妻弁当を捨て続けた男性もいます。妻はそのことにまるで気づいていませんでした。押しつけるのではなく、徐々に満たしていくのが愛情を長続きさせる秘訣です。

  4. 4位

    彼と毎日一緒にお風呂に入る女

     ラブラブなのは羨ましいかぎりですが、お風呂に“毎日”一緒に入っているとなると、問題になる場合があります。本当にお互いが望んでやっているのかどうか疑わしいものです。個人によってお風呂に入りたいタイミングも異なれば、入浴の長さも違う。それが、いつも一緒に入るのであれば、もしかしたら彼は無理をしているのかもしれません。また、こうした行動をする女はその他にも彼に無理を強いている可能性があります。その無理がつもりに積もって爆発したとき、女は棄てられるのです。

  5. 5位

    彼の友人を批判する女

     もし彼の友人の中に、あなたの苦手な人がいたとしても、批判をするのは避けるのが賢明でしょう。あなたがどう思おうと彼にとっては大切な“友達”なのです。その友人の悪口をさんざん聞かされては、「もしかして彼女は自分以外の人間を認められないのか」なんて疑われかねません。あなたが既婚の方なら姑の悪口がこれと同じです。彼の大切な人の批判をするのは破局への第一歩です。

  6. 6位

    彼のことを彼の友人に相談する女

     彼の人間関係に、出過ぎたことをしていないでしょうか。彼の友人・同僚はあなたの友人ではありません。あまり親しくするのは考えものだし、もちろん、彼の知らないところで連絡を取るのは完全なルール違反です。夫について夫の上司に相談した妻が、その上司と不倫の関係になり、離婚に至ったケースもあります。「社交的」という言葉を勘違いする女性がたくさんいます。

  7. 7位

    感動した本を薦める女

     本を読んで感じた感動を彼と共有したいというのはステキなことです。しかしだからといって、彼に本を渡して「読んでね」というのは考えものです。本や映画、CDなどの選択は個人の趣味によるもの。へたに薦めると相手のアイデンティティを破壊する恐れがあります。興味をそそるような伝え方をして、彼が「貸してよ」と言ってくるのを待つくらいでいいのです。

  8. 8位

    ネクタイをプレゼントする女

     ネクタイを彼にプレゼントする女は、シャツもスーツも彼のために選んでいることが多いものです。彼女から見れば彼のセンスが気に入らないのかも知れません。しかし、どんなにセンスが悪くても、洋服の選択は彼にとって自分の歴史と文化の表れなのです。それを完全に否定してしまうことは彼自身を否定しているのと同じことになってしまいます。彼を格好良くしてあげたいというあなたの好意は、少しずつ彼を破壊しているのかも知れません。

  9. 9位

    いつも家をピカピカに磨いている女

     掃除の問題は、おもに既婚者や同棲カップルに言えることですが、未婚の場合でも彼がしばしば訪ねて来るなら大いに関係あるし、また結婚してから破局の原因にもなりかねないことですから注意が必要です。掃除や片付けは“お互い”が気持ちよく生活できるように行うものです。適度な清潔感が望まれるのです。ところが、チリひとつなく、週に一度はワックスをかけ、ドアノブの指紋を拭いて回るような女の家では男は窒息してしまいます。男が女に求めているのは安らぎです。何事もほどほどに。

  10. 10位

    彼がいつもキチンとした格好をしている女

     いくらおしゃれな彼でも、家の中でまでいつもいつも“外出できるような格好”をしているとしたら、あなたは捨てられる寸前かも知れません。つまり彼にとっては家の中もデンジャーゾーン。彼はあなたの前ではくつろげず、常に緊張しているのです。自宅に戻ったとたんにだらしない格好になるくらいがちょうどいいのです。

このランキングのコラムを見る