1. 1位

    敷金・礼金など初期費用がどのくらいかかるのか確認する

  2. 2位

    相場に比べ安価すぎると感じた物件は、理由をたずねる

  3. 3位

    騒音の程度を確認する

  4. 4位

    昼と夜の両方の時間帯に下見をする

  5. 5位

    複数の不動産屋さんに行き比較する

  6. 6位

    スーパーやコンビニなどの周辺環境を歩いて確認する

  7. 7位

    隣人と上下の住人がどんな人たちなのか確認する

  8. 8位

    お風呂場がカビ臭くないか確認する

  9. 9位

    夜間の帰宅路が安全かどうか確認する

  10. 10位

    不動産屋さんの車だけではなく、最寄駅などから歩いて物件を見に行く

このランキングのコラムを見る