1. 1位

    ETC型(平成22年度)

    IT活用には長けているが、人との直接的な対話がなくなるのが心配。

  2. 2位

    ブログ型(平成18年度)

    表面は従順だが、様々な思いを内に秘め、時にインターネット上の日記を通じ大胆に自己主張する。繊細な感受性とブログ的なネットワーク力に優れるが、パソコンに語るだけに止まる傾向もある。

  3. 3位

    発光ダイオード型(平成17年度)

    電流を通す(=ちゃんと指導する)と、きれいに光る(=いい仕事をする)が、決して熱くはならない(=冷めている)。

  4. 4位

    エコバッグ型(平成21年度)

    環境問題(エコ)に関心が強く、節約志向(エコ)で無駄を嫌う傾向があり、折り目正しい。

  5. 5位

    液晶テレビ型(平成元年度)

    反応早いが、値段高く色不鮮明。改良次第で可能性大。

  6. 6位

    カメラ付ケータイ型(平成15年度)

    その場で瞬時に情報を取り込み発信するセンスや処理能力を持ち、機能も豊富だが、経験や知識がなかなか蓄積されない。

  7. 7位

    デイトレーダー型(平成19年度)

    景気の回復で大量採用だったが、氷河期前とは異なり、細かい損得勘定で銘柄(会社)の物色を継続し、安定株主になりにくい。

  8. 8位

    バーコード型(平成4年度)

    読み取り機(上司)次第で、迅速・正確・詳細な処理可能。

  9. 9位

    床暖房型(平成8年度)

    断熱材(評価)いれないと熱(やる気)が床下(社外)に逃げる。

  10. 10位

    お仕立券付ワイシャツ型(平成3年度)

    価格高く仕立てに時間かかり、生地によっては困難。

このランキングのコラムを見る