1. 1位

    石川遼

  2. 2位

    金庚泰

  3. 3位

    池田勇太