1. 1位

    ボルトの3冠、通算で金8個獲得

  2. 2位

    女子マラソン、福士の銅メダル

  3. 3位

    織田裕二の司会

  4. 4位

    女子棒高跳び、イシンバエワの復活V

  5. 5位

    桐生ら男子4×100mリレーで日本6位

  6. 6位

    男子マラソン、中本が5位

  7. 7位

    フレーザープライス女子初の短距離3冠

  8. 8位

    男子マラソン、川内18位

  9. 9位

    新谷選手、女子1万mで5位も涙

  10. 10位

    男子三段跳び、タムゴが18mジャンプ