1. 1位

    イナ・バウアー

    世界一美しいと評される荒川選手のイナ・バウアー。あちこちで上体を反らせるイナ・バウアー現象が起こっているようですが、本来は足技。

  2. 2位

    ガソリン入れ逃げ

    大阪で相次ぐガソリン入れ逃げ事件。ガソリンの高騰が背景にあるようですが、犯行の手口はどれも巧妙で計画的。急発進で強引に逃げるなんてもってのほか。常識ある行動をお願いします。

  3. 3位

    下着選び二極化

    女性の下着選びにも上流と下流の二極化が浮き彫りに!?自分にご褒美感覚で、たまには見えないところにも贅沢したいという女心から、セレブ層以外の購入者も急増しています。高級ショコラを買うのと同じ感覚ですかね。

  4. 4位

    青木まりこ現象

    本屋に入ると、トイレに行きたくなるアレです。「本の雑誌」に投稿した女性の名前がそのまま現象の名として知られることに。いろんな説があるけれど、未だ解明されず。

  5. 5位

    騒音おばさん新法

    騒音おばさんを封じる目的で誕生した、強制執行権つきの条例を作るための新法。何より、今まで騒音を禁ずる法律がなかったということに驚きです。

  6. 6位

    荒川静香

    試合中も冷静、表彰式も冷静、そして帰国後も冷静。周囲の熱気に押されることも、驕ることもない彼女だからこそ成し遂げられた偉業だと思います。

  7. 7位

    私の嫌いな10の人びと

    中島義道の最新作。大半の人々の中に潜んでいそうな、いわゆる「いい人≒鈍感な人」の部分を毒吐きつつ斬りまくり。

  8. 8位

    カーリングの小林さん

    カーリングがこれだけ注目された理由は、選手が美女揃いということももちろんあるけれど、大変に分かりやすく、かつ愛に満ちている小林さんの解説による部分も大きいでしょうね。

  9. 9位

    ビタミンが利かない人

    美容のために、せっせとサプリを飲んでる人も多いビタミンC、E。実は遺伝子タイプによって効果が出ない人がいるそうですよ。

  10. 10位

    パクリ論争

    漫画に音楽、映画にドラマ・・・。ひとたびパクリが発覚すると、そう簡単には鎮火しないもの。ここに加勢する人々が必死なのは、どこかに真のオリジナリティがあると信じたい「ロマン主義」によるものだとか。