1. 1位

    おっぱいの実

    おっぱいの形をした果実・・ではなくて、甘く白濁したジュースが詰まった南国のフルーツ。優しく揉んでいただきます。

  2. 2位

    マックとマクドの境界線

    関西地方で圧倒的な支持を得る「マクド」。”ク”にアクセントがあるのが特徴。

  3. 3位

    上品な人下品な人

    人の言動はやたら鼻につくのに、自分の行動には案外疎いもの。「お前もな」と自分に言い聞かせながら読むのが良いかもしれません。

  4. 4位

    無気力度診断

    だるい、ウザイ、めんどう。そんな言葉ばっかり使っていると、本当に無気力人間になってしまいますよ。

  5. 5位

    バカ百景

    行ったことのない都道府県をイメージしてください。ほとんどが妄想でデフォルメされているはずです。

  6. 6位

    13番目の干支

    カエルに猫にパンダ・・・。いろんないわれがあるみたいですが、いまひとつピンときません。

  7. 7位

    づとずの使い分け

    こぢんまり分かりずらいコミニュティーいざ知らず。さて、どの言葉が間違っているかお分かりでしょうか?

  8. 8位

    ちくわとちくわぶの違い

    名前もカタチも紛らわしいけれど、ちくわは魚肉、ちくわぶは小麦粉でできているんです。

  9. 9位

    ひと駅族

    健康のため、あえて手前で降りるんです。電車に乗っていては知りえなかった、季節の変化も感じられたり。そうするうち、いつの間にか歩くことが義務から趣味に変わるかも。

  10. 10位

    エルメス鉛筆

    削りカスさえも惜しい、ラグジュアリーで気品漂う高級文具。革張りエンピツなんて、洒落の利いたジョークは見栄のため?