バレンタインが終わったら、すぐにやってくるのがホワイトデー。意中の女子にチョコをもらえた男子も、義理チョコのみをゲットした男子も、今年のホワイトデーはちょっと気合いを入れてみては? そのために知っておきたい失敗例。女子が「ホワイトデーのお返しで残念だった」と思っているものは、1位《こちらが渡したものより明らかに金額が低い》、2位は《趣味ではないハンカチ/タオル》、3位は《箱詰めのお菓子を「みなさんへ」とまとめて》でした。

 たとえ義理チョコであったとしても、予算を決めて、買いに行って、場合によってはラッピングもして…など、バレンタインのチョコの準備には意外と手間がかかっているもの。その労力に対して「明らかに」金額の低いお返しが返ってきたら、その人の評価は一気に最低ランクまで下がりそう。値段もさることながら、《箱詰めのお菓子を「みなさんへ」とまとめて》など、特別感のないいかにも適当な姿勢にムッとする女性は多いようです。気を遣ってお返しのお菓子の他にハンカチやタオルを用意しても、それが彼女の趣味に合わないものであれば逆効果かも。ハンカチも自分好みのファッションに合ったものを選びたい女性にとって《趣味ではないハンカチ/タオル》はもらっても困るプレゼントだということ、男性は覚えておいた方が良さそうです。《よく知らないキャラクター小物》や《趣味ではないアクセサリー》なども処置に困ってしまうものなので、プレゼントを追加するくらいなら、その分お返しのお菓子を豪華にした方が喜ばれる確率は上がるのかもしれません。

 ランキングにはホワイトデーの失敗例がズラリ、勢ぞろい。このほか、ライバルと差をつけるお菓子のブランドや人気のプレゼントなど、さらに詳しいホワイトデー情報を知りたい人は、gooランキングの「ホワイトデー特集」をぜひチェックしてみてくださいね。