個人利用率が20代〜40代で9割を超え、もはや「一人一台」は当たり前になった携帯電話。恋人との連絡をとる道具としても欠かせないものですが、必需品になったがゆえに、携帯電話にまつわる要望もいろいろと出てきているよう。中でも恋人に対して、《携帯を勝手に見ないでほしい》と思っている人が非常に多いことがわかりました。

 恋人の携帯電話を「見る派」と「見ない派」で意見が分かれるのは良く聞く話。ネットエイジアリサーチが2007年に行った調査によると、「無断で恋人のケータイを見たことがある」経験のある人は、男性で2割、女性で4割にのぼるのだそう。一方で男女別の結果を見てみると、《携帯を勝手に見ないでほしい》は女性1位に対し、男性は3位という結果に。自分の《携帯を勝手に見ないでほしい》女子も、相手の携帯を見るのは仕方ない…と思っている人が多いのかも!? 《1日に一度はメールがほしい》《メールの返信が遅くても怒らないでほしい》《メールの返信はすぐにほしい》など、メールに関する相手への希望も上位に多数ランク・インしました。特に男女で大きな違いがでたのは《異性からのメールを保護しないでほしい》。女性の方が、保護メールに対して敏感に反応していることがわかります。男性は1位に《同じキャリアにしてほしい》が登場。同じキャリア同士の利便性を、男性はより強く感じているのでしょうか。

 携帯電話に関する男女の感覚の違いや共通点が垣間見えた今回のランキング。ランク・インした項目の中で、あなたが恋人に求めたいことはいくつありましたか?