今年もまもなくバレンタインデーがやってきますね。バレンタインデー前になると学校や職場でよく見かけるようになるのが、男性たちの落ち着きない行動。いうまでもなく、この行動はバレンタインデーに起因するものですが、はたしてその内容はどんなものなのでしょうか?

 最も多く見かける男性の行動は、《「あの娘はくれそうだ」などと予想を立てる》でした。例え非モテ系を自覚している男性でも、みなチョコレートをもらう可能性は捨てきれずにいるもの。身近にいるアイドル的な女性からもらうのは無理だとしても、「割と好意的に接してくれているあの子なら」、「毎朝あいさつしてくれるあの子なら」と夢をみてしまうのはしかたがないですよね。ちなみに、このよう男性は、もらう相手を予想するだけでなく《もらう前から「お返しはどうしよう」と夢想する》、《渡されるシチュエーションをいろいろ夢想する》など、非常に想像力が豊かなのも特徴ですね。

 一方、何としてもチョコレートをもらいたいという男性には《「甘いもの好きなんだよね」とアピール》する人が多いようです。あまりしつこくアピールするのは考えものですし、それで 本気チョコがもらえるとは思えませんが、しつこくない程度にアピールし続けていれば、義理チョコくらいはもらえるかもしれませんね。同じ積極派の行動としては《身だしなみにこだわるようになる》や《ささいなことでも女子のことをほめる》がランク・インしています。動機が不純(?)なものとはいえ、こちらは非モテ系からモテ系に生まれ変われる可能性を秘めているので、やってみる価値はありそうです。

 積極派と消極派——その行動パターンはさまざまですが、いずれにしてもバレンタインデーに振り回されていることには変わりがありません。いっそ《バレンタインなど関係ないのでいつもどおり》と割り切ってしまう方が、精神衛生的には良さそうですね。