もうまもなく2月14日——バレンタインデーですね。バレンタインデーの時期には「知人や同僚に配る義理チョコをどうしよう?」と頭を悩ませている女性が多いかと思いますが、そんなことよりもっと重要なのは、やはり意中の男性に自分の気持をどうやって告白するのか、どうすれば効果的な告白になるのかですよね。

 「あれこれ悩むくらいなら聞いてしまえ!」と男性に「どんな告白にグラッとくるのか」を尋ねてみたところ、1位には《告白するときの言葉が緊張している》が選ばれました。緊張しているということは、告白がそれだけ真剣なものであることの証。あまり気にしていなかった相手でも、真剣な思いをぶつけられたら男性も悪い気持ちはしません。

 続く《手作り感溢れるかわいいラッピングのチョコ》は女性らしさをアピールするのにも、「自分は特別な存在なんだ」と男性を気持ちよくさせるのにも有効。もともと男性は「手作り=気持ちがこもっている」と考える傾向があるため、高級ブランドの製品を買ってくるよりも、ラッピングに一手間加えることに力を注ぐ方が良さそうです。もちろん《手作りチョコを渡される》も相変わらずの人気。中身とラッピング、ダブルで攻めれば男性をかなりグラつかせることができるのではないでしょうか?

 このほか、5位に《「義理だから」と言われたのに告白の手紙入り》、6位に《手書きの手紙で告白される》がランク・インしています。古くから使われているオーソドックスな方法ではありますが、やはりその効果にまちがいはないようですね。