好意を持っている異性と話をする時に、気持ちが高ぶってうまく会話が続けられないというのはよくある話。でも、それ以前に異性と話すこと自体が苦手という人が世の中には思いのほか多いようです。男性と女性では考え方や興味を持つポイントなどさまざまな点が異なるものですが、はたして異性どうしで会話を盛り上げるためには、どうすれば良いのでしょうか?

 初対面の異性との会話を盛り上げるためのテクニックとして、多くの人が有効だと感じているのは《相づちと会話のバランスをとる》でした。「相づちだけでいいの?」と思う人もいるはずですが、理解や同意を伝える、会話の流れを変えるなど、相づちは使いこなせば実に強力な武器になります。多用しすぎるのはさすがに考え物ですが、「聞き上手」と呼ばれる人の中にはわずか数種類の相づちだけですべての会話を済ませてしまう人もいるのだとか……。

 「相づちを入れるタイミングがわからない」という人は、《趣味の話を聞いて興味を示す》、《考えに共感する姿勢を見せる》など、比較的簡単なところから始めてみるのも良さそうです。いずれも自分の側に盛り上がるような話題が無い時に使える便利なテクニックですが、ある程度相手が話をしてくれる人でないと使えないのが難しいところです。

 相手があまりしゃべろうとしない時は、積極的に攻め込んでいきましょう。非常に有効なのは《共通体験を探せるネタをふる》ことですが、こちらは必ずしも共通体験が見つかるわけではないという危険性も。そんな時は《アットホームな雰囲気を醸し出す》、《ファッションや持ち物をほめる》などのテクニックで、まずは話しやすい場の空気を作ることに徹するのが良いかもしれませんね。場が和んでくれば、後は《相手の地元ネタを盛り込む》などのテクニックで徐々に会話を盛り上げていくのもさほど難しくはなさそうです。

 今回ランキングで紹介したテクニックはいずれもシンプルなものばかりですが、その効果は意外にバカにできないものがあります。近々初対面の異性と話をする機会があるという人は、ぜひお試しくださいね。