「有名人は実際の年齢よりも若く見える」というのは昔からよく言われています。中でも多くの人の目にさらされる女性有名人は、普通の人以上に若さや美を維持するための努力をしており、年齢を聞いてもすぐには信じられないほど若く見える人が多いですよね。今回はそんな女性有名人の中からアラサー世代の女性有名人に注目してみました。

 「若く見えるアラサー女性有名人ランキング」で1位に選ばれたのは、人気グラビアアイドルの《ほしのあき》。1977年生まれで今年3月には33歳になりますが、10代の男性からも「かわいい!」と声が上がるほどの童顔と抜群のプロポーションで、今なおグラビア界で不動の人気を獲得しています。

 童顔といえば2位にランク・インした《安室奈美恵》も忘れてはいけません。中学生時代にスーパーモンキーズで芸能界デビューした彼女も《ほしのあき》と同じく今年33歳。20歳のときに結婚し、小学校高学年の子どももいますが、そんなことをみじんも感じさせない若さと美しさには驚かされるばかりです。最近は理想の母親ランキングでも常連となっているようですが、「自分の母親がこんな若くてかわいかったら」と感じるのも無理はありません。

 女優陣では《菅野美穂》(1977年生まれ)や《仲間由紀恵》(1979年生まれ)も実はりっぱなアラサー世代。女優という職業柄、本来の年齢より下の人物を演じることもありますが、恋人・友人役の共演者が年下でもまったく違和感がないのには感心させられますよね。この2人はいずれも肌の美しさに定評がありますが、若く見えるためのポイントには演技やメイク技術だけでなく、肌も重要な役割を果たしているのかもしれませんね。