昭和の時代から現在にわたって、イケメンアイドルを次々に輩出しているジャニーズ事務所。ジャニーズアイドルたちのライブチケットは毎回入手が困難なほど、根強いファンがたくさんいます。そんなファンたちなら必ず知っている言葉、それが「ジャニーズ用語」。ファンでない人にはわからない言葉が並びに並んだ今回の「意味が気になるジャニーズ用語ランキング」で、みんなが最も気になった用語は《ヤラカシ》。これを聞いただけでは「何?」と聞き返したくなる人が大半のはずです。

 1位にランク・インした《ヤラカシ》は、5位の《オリキ》を超えている人たちを表した言葉。《ヤラカシ》はジャニーズの追っかけファンの中でマナーが悪いファンを意味していることも多いようで、ジャニーズ側から「抗議文」が出された人もいるそうです。3位にランク・インした《イッピ》は、ジャニーズファンの中では大きなイベントだけ追っかけをしている人たちのことで、「一般ピープル(普通の人)」という意味だそう。《オリキ》や《茶の間》など、ファンとしての行動の違いによってそれぞれ呼び方があるあたり、さすがはジャニーズと言えます。

 少し考えれば意味がわかりそうな用語から、説明されなければ理解するのが難しい単語まで様々な「ジャニーズ用語」が並んだ今回のランキング。ジャニーズファンでない人も、話のネタにいくつか覚えておいても損はないかも!?