どのお店の菓子コーナーにも置かれている定番のチョコレート菓子。この定番チョコレート菓子の中で「何か一つ外せない製品を」と問われた時、真っ先に上がるのは食べやすい一口サイズで幅広い年齢層の人に親しまれている「チロルチョコ」ではないでしょうか?

 《チロルチョコは「チロルチョコ株式会社」で作っている》というのは有名な話ですが、チロルチョコ株式会社が製品として「チロルチョコ」の販売を始めたのはなんと1962年。すでに50年近い歴史を持っているというのは驚きですよね。ちなみに、チロルチョコ株式会社が菓子の製造を始めたのは1903年で、《もはや創業100年を超える老舗企業》なのだとか。

 この「チロルチョコ」が最もすごいのは、やはり価格が《いまだに10円》のまま販売されているところではないでしょうか。50年近い歴史を振り返ると、1974年に10円から20円に、1976年には30円に値上げをしたということもありましたが、1979年には価格を10円に戻しています。子どもがお小遣いで買える価格設定にこだわるこの企業姿勢には頭が下がる思いです。

 《これまでに100種以上の新製品が作られている》ことからもわかるように、いろいろな味が楽しめるのも「チロルチョコ」の魅力の一つ。東国原宮崎県知事の似顔絵をパッケージにデザインした「紫芋たると」や「男前豆腐店」、「ポンジュース」のように《「○○限定」などのコラボ商品がたくさんある》ため、「次はどんな味が発売されるのだろう?」と毎回楽しみになりますよね。

 ちなみに、2007年にはMACスタイルとのコラボレーションで《自分オリジナルのチロルチョコが作れる》「 DECOチョコ」がスタートしており、オリジナルチョコを気軽に作れるサービスとして人気を集めています。デジカメや携帯電話で撮影した写真を使ってインターネット経由で注文できるので、バレンタインやホワイトデーのプレゼントに利用してみてはいかがでしょうか?