2009年も気がつけば残すところあと数日。今年の下半期、あなたはどのようなドラマを見ていましたか? 今回は「2009年下半期を代表する夜の連続ドラマランキング(※)」を調査。今年の下半期はどのようなドラマが人気だったのでしょうか。

 1位にランク・インしたのは、10月からTBSで放送された《JIN−仁−》でした。現代から幕末にタイムスリップしてしまった脳外科医「南方仁」が満足な医療器具もない環境で次々に人々の命を救っていき、「坂本龍馬」をはじめとする幕末の英雄との交流を深め、いつしか自らも歴史の渦に巻き込まれていくという壮大なストーリーのこのドラマ。主人公である「南方仁」を演じたのは連続ドラマ出演が8年ぶりとなる大沢たかお、他キャストも豪華な顔ぶれが集まった作品でした。2位にランク・インしたドラマは今作品で第4シリーズ目の《救命病棟24時》。W主演の江口洋介松嶋菜々子が、近年増加している医療訴訟問題や医師不足の深刻さを医師の立場から伝えたドラマです。このドラマを見ながら、現実の医療を取り巻く問題について考えさせられた人も多いのではないでしょうか。上位にランク・インした《JIN−仁−》と《救命病棟24時》は医療関係のドラマ。ドラマのタイプは全く違うものの、医療をテーマにしたドラマは人気があるようです。

 大ヒットしてシリーズ化されたドラマや単発でも豪華キャストがそろったドラマ、現代の社会問題を取り上げたドラマが多数トップ10入りした今回のランキング。2009年下半期にあなたが夢中になった連続ドラマは何位にランク・インしていたでしょうか?

※ドラマの放送スタート時を基準に集計しています