気がつけば結婚適齢期に突入。「結婚をしたらこんな家庭を築きたい」などと膨らみ続ける妄想とは裏腹に、一向に進展しない恋愛事情。友人らが次々と結婚を決めていく中で焦りと同時に募る結婚願望……。そこで「結婚願望が強いのに結婚に至らない理由」について聞いてみました。

 最も多かった意見は《理想ばかり追いかけている》でした。バブル全盛期に騒がれた“三高”さながらの理想を追い求め、「いつか理想どおりの王子様が白馬にのって自分を迎えに来るに違いない」と信じて疑わず理想や条件がエスカレートするばかりでは、いつまでたってもチャンスに恵まれないものかもしれません。さらに若い頃ならば許されていたわがままも、年齢を重ねるにつれて裏目に出てしまうことが多いのかも!? 2位には《我が強すぎる》が入っています。

 3位《プライドが高すぎる》、4位《相手の“条件”ばかりを気にして恋愛をしている》と、とにかく妥協はしない! といわんばかりに、自分本位の視点で異性を見ていると、相手の良い部分を見逃してしまいがち。自分の理想を追求したり、相手を思いやらない主張ばかりを続けていることも婚期を遠ざけてしまっている一因のようです。  すっかり浸透した「婚活」。でもいまは「恋活」という言葉が登場するなど、恋愛や結婚を取り巻く状況は少々厳しくなっているようです。どうもうまくいかないと悩んでいるならば、ランキングを参考に自分の恋の姿勢を見つめなおしてみるのも良いかもしれません。みなさんが思う結婚に至らない理由は何位にランク・インしていましたか?