もう間もなく終わりを迎える2009年。今日がまさに仕事納め、という方も多いかもしれません。。年内最後の山場を越えたこの時期になると、ふと頭に浮かんでくるのが、この一年自分が関わってきた仕事のこと。忙しく働いている時には「この位で十分」と感じていたのに、振り返ってみて「もう少し頑張っておくべきだった」と後悔の念にかられた経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  最も多くの人が「頑張っておけば良かった」と感じたのは《社外での人脈作り》。デスクワーク中心で人と会うことに積極的でなかった、会った後に親交を深めるための継続的な場を持たなかったなど後悔のポイントはさまざまですが、自分自身にとっても所属する企業にとっても人脈を広げるのは重要ですよね。最近は異業種交流会なども盛んに行われているようなので、来年こそは思い切って参加してみてはいかがですか?

 今回のランキングで特に目に付いたのは《仕事に関する資格の取得》や《PCスキルの取得・向上》、《一般常識(時事ニュースなど)》などのスキルアップに関するもの。人脈はもちろん大事ですが、それ以前に自分自身が人に必要と思ってもらえる能力を身に付けていなければ誰も相手にはしてくれません。スキルはそう簡単に身につくものではありませんが、コツコツと技術や知識を積み重ねて「アイツは使える」なんて言われるようになりたいですね。

 中国には「後悔は美徳の春」ということわざがあるそうですが、これは「後悔するのは過去を反省し改善しようという気持があるから。つまり後悔する人はこれから美徳を積むことができる」という意味なのだそうです。今回ランク・インしたもの以外にも「頑張っておけば良かった」と思うことはいろいろあると思いますが、このことわざのように前向きにとらえ、2010年を充実した一年にしたいものです。