今年は例年に比べて雪に恵まれた場所も多く、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ機会も多いのではないでしょうか。ひとたび白銀のゲレンデに降り立てば、「ゲレンデマジック」という言葉のとおり、普段に増して恋人が魅力的に見えるものではないでしょうか。でもちょっと気を緩めたばかりにマジックがとけてしまった…なんてことも。そこで「ゲレンデで恋人にがっかりしたこと」について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《ウェアが古いデザイン》でした。ワンシーズンで大幅なデザイン変更は少ないものの、ウェアデザインにも流行りすたりがあるもの。雪上とはいえ、ある程度のおしゃれを心がけて欲しいものではないでしょうか。続いて2位には《鼻水が凍っていた》がランク・イン。滑ることに集中するあまり、鏡をみることもなく過ごした結果の鼻水にガッカリ、なんて経験は多いよう。凍った鼻水のせいで百年の恋も瞬時に台無しになってしまいそうです。普段は隙のない素敵な人と印象が強ければ強いほどショックが大きいものではないでしょうか。都会の喧騒から離れ、はるばるやってきた雪山。雪をみてテンションがあがり童心にかえって雪合戦! と思ったら……。4位には《雪をなげたら本気で怒りだす》が入っています。

 雪が演出する幻想的なシチュエーションをうまく利用して、恋人の心をさらに掴んで離さないようにしたいもの。ランキングを元に自分の行動をチェックしてみてはいかがでしょうか。