今年こそは恋人を作るぞ! 一年の初めにそんな目標を立てた人も多いのではないでしょうか。誕生日は恋人と二人でお祝いをして、クリスマスにはおでかけをして…など恋愛には幸せな妄想がつきものですが、実際には良いことばかりでもないのが恋の現実。「今年起こった恋の不幸な出来事ランキング」では、1位は《恋人ができなかった》、2位は《誰にもトキメキを感じなかった》、3位は《メールが来ない日が続くのが当たり前になっていた》など、そもそも恋愛自体から遠ざかってしまっている状況が上位にランク・インしました。

 《誰にもトキメキを感じなかった》などに比べれば、《フラれた》や《恋人と遠距離になってしまった》《片思いの人に恋人ができてしまった》など、恋愛をしている上での不幸の方が少しはマシに見えてくるかも。《恋人ができなかった》ことを残念に思っている人が多いようですが、今年は「ゲームの世界での彼女ならできたよ」という人が急増した年かもしれません。そのワケは、ゲーム好きの間で一大ブームを巻き起こした『ラブプラス』。『ラブプラス』は恋愛シミュレーションゲームで、ゲームの中の女の子と疑似恋愛ができるというもの。『ときめきメモリアル』など従来のゲームが告白をストーリーのゴールとしていたのに対し、『ラブプラス』では告白後のお付き合いを重視しています。現実とゲーム内で同じ時間が流れるRTC機能に加え、ゲームの中の彼女とデートや電話が自由にできたり、彼女が朝起こしてくれる目覚まし機能も付いていたりして、本当に付き合っているかのような感覚に浸れるそう。このゲームをして「彼女ができた」と宣言する人がたくさん出たのだとか…。

 多くの人が恋と縁のない今年の生活を不幸だと感じたようですが、現実に出会いがないならゲームの中の美少女に頼るのも意外とアリかも!? 「やっぱり現実の世界で恋がしたい」という人は、今年の不幸な出来事を振り返るついでに、来年はリアルに幸せな恋ができるよう恋愛面での新年の抱負も考えておきたいですね。