年末からお正月にかけては旬のお笑いタレントがテレビにズラリと勢ぞろいしますが、浮き沈みの激しいお笑い業界で2010年の年末まで生き残る人は、はたして何人いるでしょうか!? そんな疑問にこたえるべく、「2010年注目したいお笑いタレント」を調査してみました。

 ランキングで1位に輝いたお笑いタレントは、コンビでもなくピンでもない、トリオで組んでいる《我が家》の三人でした。同級生である谷田部と杉山が「ルーキーズ」を結成し、同じ養成所で俳優志望だった坪倉が後から入る形で、2003年《我が家》が誕生したそうです。2010年は「ボケ」「ツッコミ」そして「いじり」の芸風でお茶の間を楽しませてくれそうな予感。

 2位《はんにゃ》は「ズクダンズンブングンゲーム」が大ブレークし、一躍人気となったお笑いコンビ。ネタ作成担当の金田が新しい《はんにゃ》発のゲームネタを披露してくれるのか、期待がもてそう。《ジャルジャル》と同率で3位に入った《U字工事》は、栃木訛りの口調でネタを披露し有名に。なにかにつけて隣県の茨城県にからむネタと、ボケ担当益子の「ごめんね、ごめんね〜」のセリフで訛りブームを巻き起こし人気を呼びました。

 あなたが注目していたお笑いタレントは何位にランク・インしていましたか? ランキングに入っていなかったお笑いタレントも馬鹿ウケネタを披露して人気が急上昇するかもしれないので、ぜひチェックしてみてくださいね。