新年のあいさつをメールで済ませる人が増え、年々数を減らしていると言われる年賀状。でも、手書きの年賀状で旧年中の感謝を伝えられたり、遠く離れた場所にいる友人から近況が届いたりすると、メールのやり取りでは感じることのない「相手の思い」まで伝わるような気がして、何だかうれしくなってしまいますよね。

 「面倒くさい」と思いつつも、もらうとうれしい年賀状。でも、ちょっとしたことでその喜びも台なしに。最もガッカリしてしまうのは、《自分の名前を間違えている年賀状》。どこで会ったかも思い出せないような相手ならまだしも、日ごろからやり取りをしている相手の場合「自分は名前を間違えられる程度の存在だったのか……」と悲しい気持になってしまいますよね。

 続いて多くの人が「ガッカリした!」と感じたのは《お店の営業用の年賀状》。自分宛のコメントが手書きでひと言でも添えられていればマシですが、大抵の場合は定型文が印刷されただけの《オール印刷の年賀状》。これではもらってもまったくうれしくありませんよね。こうした年賀状はゴミ箱行きの運命をたどるのですが、届いた年賀状の枚数にはついカウントしてしまうのが悲しいところです。

 ガッカリ……というよりもホラーな気持になってしまうのは、《白紙の年賀状》や《誰からきたかわからない(名前が書いてない)年賀状》。こうした年賀状は出す人に悪意があってのものではありませんが、「いったいどんな内容の年賀状を出そうとしていたんだろう?」、「誰が出した年賀状なんだろう?」と新年早々悩まされるのは何ともつらいものです。

 このほか、《前の年の年賀はがきを使っている年賀状》や《年賀はがきじゃない年賀状》、など、出す人の常識を疑うような年賀状も数多くランク・インしています。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、ガッカリするような年賀状を受け取ることは、年賀状の書き方を見直す良い機会かもしれません。次に年賀状を書く時には、受け取った相手に喜んでもらえるようなものを書きたいですよね。