今年も様々な新商品が発売され、その中には一大ブームを巻き起こしてみんなの注目を集めたものもたくさんありました。そこで流行にのって思わず自分も買ってしまったものについて聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《い・ろ・は・す》でした。中身はおいしいミネラルウォーターですが、飲んだ後に大きなポイントがあります。ゴミの分別に便利なはがしやすいラベルに加え、「ecoるボトル しぼる」という新軽量PETボトルを採用。軽くてもつぶれないという強度を保っていますが、飲んだあとにギュッとねじればゴミのかさが減らせるという設計が消費者の心をつかんだよう。この「ねじり」を経験したくて手にしたという人も多いのではないでしょうか。

 2位には《王将の餃子》がランク・イン。不況が家計を圧迫する中、餃子一皿220円(関東地域)という低価格は消費者のうれしい味方。お腹いっぱい食べてもお財布にはやさしいとなれば、店舗に行列ができるのは必然の結果です。続いて3位には《白いたい焼き》が入っています。今までのたい焼きのイメージを覆す《白いたい焼き》。冷めてもモチモチとした皮や、豆乳クリームやキャラメルクリームなど新しい中身が新鮮でした。

 4位には大胆なテレビCMなどで一躍話題となった《クォーターパウンダー》が続いています。今までのハンバーガーの約2.5倍という大きくてジューシーなビーフパティのおいしさが、「やみつきになった」という人も多いのではないでしょうか。テレビCMの影響もあり、発売前から大きく話題を集めていましたね。

 みなさんが手にしたものは何位にランク・インしていましたか? 「ランク・インしたものをひとつも買わなかった…」なんて人は、今からお店に駆け込んで、ひとつぐらいは体験してみてもよいかもしれません。