「誰からも好かれる人間になりたい」とすべての人が考えているわけではありませんが、嫌われるよりも好かれる方が良いのは言うまでもないこと。どの学校や職場にも、ひとり位は誰からも好かれている人がいるものです。このような誰からも好かれる人には、はたしてどのような傾向があるのでしょうか?

 多くの人が好かれる人の傾向としてあげたのは《気が利く》でした。ただし、あまりにも「気が利く人間になろう!」と意気込んでいると「気が利いて間が抜ける」になってしまう可能性もあります。何事もバランスが大事ということかもしれませんね。ちなみに、《気が利く》には「細かいところにまで注意が及ぶ」以外に「しゃれている/粋である」という意味もあるそうです(大辞泉より)。

 続いて多くの支持を得たのは《聞き上手》。本当に言いたいことを引き出してくれたり、時には納得できる意見をしてくれたりする人に出会うと、確かに「ああ、この人はわかってくれている」と好感を持ってしまうものですよね。ちなみに、達人ともなると3種類程度の相づちで会話を続けることができるのだとか。これは確かにすごい技術ではありますが、さすがに相づちだけで済まされるのは悲しい気がしますね。

 このほか上位には《人に不快感を与える行動をしない》や《約束は必ず守る》などがランク・インしていますが、こちらはある程度センスやテクニックが必要な《聞き上手》に比べれば、誰でもすぐに実践できそうなものばかり。「好かれる人間になりたい」と思っている人は、まずこのあたりから実践してみてはいかがでしょうか?