「もしかして病気かも…!?」そう思った時、病院に行く前に症状や思い当たる病名でネット検索をする人も多いのでは? そこで2009年「gooヘルスケア」内で検索された数々の病名をまとめたところ、《インフルエンザ》が1位という結果になりました。いまだ流行に衰えの見られない「新型インフルエンザ」の情報を集めるためネット検索をした人は、やはり多かったようです。

 感染力は強い一方で重症化するケースは少ないと言われている新型《インフルエンザ》ですが、妊婦や乳幼児、特定の持病を持った人は症状の重くなるリスクが高いそうなので注意が必要。どこにとんでいるかわからないウイルスは確かに怖いですが、《インフルエンザ》はウイルスが手に付着しただけで感染することはなく、ウイルスが付着した手で口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染するのだそう。そのため、丁寧かつこまめな手洗いとうがい、人ごみに出かけないなどの基本的な予防策はやはり有効です。

 2位の《ヘルペス》は、昨年の同ランキングで1位だった病名。ウイルス性の皮膚疾患である《ヘルペス》は、口元や口腔内、体などに発疹や水ぶくれなどが出るのが一般的な症状です。過労や精神的ストレスなどで症状が出ることも多いため、大人でも悩んでいる人の多い病気です。昨年は20位以降だった《卵巣腫瘍》や《子宮筋腫》など、女性特有の病気も今年は10位以内に多数ランク・インしました。  ネット上で同じ病気に悩む人の記事を読んだり、病気の原因や症状について書かれたサイトを見たりすることは、病気への理解を深める第一歩。一方で玉石混淆の情報がまだまだ多いネット上の情報をやみくもに信頼することは、リスクも伴います。病気の気配を感じたら、やはり一度は医療機関で医師に診てもらいましょう。