パリっとキツネ色に焼き上げられた餃子。一口食べればカリっとした皮の中からあふれるジューシーな肉汁。おかずにもお酒のつまみにもなる餃子は、ふと食べたい衝動にかられることも多いのではないでしょうか。そこで「餃子が美味しいファミレス・ラーメン店」について聞いてみました。

 ほかのお店を大きく引き離し1位にランク・インしたのは《餃子の王将》でした。『アメトーーク!』でも餃子の王将芸人が登場するなど人気の高さはご存知のとおり。そのおいしさの秘訣は冷凍餃子に頼らないところにあるといえそうです。大量一括仕入れ、一括加工をするセントラル・キッチンシステムで流通経路を確立し、コストダウンと味の均一化を図っているのだそう。加工した新鮮な素材は毎日各店舗へ運ばれ、お店で一つひとつ手巻き。手間をかけているにもかかわらず、一皿200円(関東は220円)と格安な上に味もお墨付き。ちなみに2008年度日本での売り上げ1位を獲得した店舗は川崎市の武蔵溝の口店なのだそう。安くておいしいとくれば不況もどこ吹く風、消費者にとってはうれしい味方ですね。

 続いて2位には《バーミヤン》がランク・イン。こちらも全国7箇所の工場で「当日製造、当日冷蔵配送」を徹底。作り置きに頼ることはないのだそう。3位は《幸楽苑》の餃子。一皿180円(税抜き)とラーメンと並んで驚きの低価格を実現しています。みなさんが美味しいと思う餃子は何位にランク・インしていましたか?