結婚したカップルに結婚の理由を聞くと、「初めて会ったときに運命を感じた」という答えが返ってくることも。赤い糸で結ばれた運命の人と結婚する——そんな運命の出会いに、一度は憧れたことのある人も多いかもしれません。では、日常生活の些細なことに運命を感じたことは? 「一緒であることに運命を感じることランキング」では、1位は《誕生日が一緒》、5位は《携帯電話の下4ケタが一緒》、6位は《親同士が同級生》でした。既に決まっていて変えることができないものの一致に、思わず運命を感じる人は多いようです。

 2位には《趣味が一緒》、3位には《一番好きな本や映画が一緒》、4位には《将来の夢が一緒》がランク・インしたように、好みや価値観の一致に運命を感じる人もいるようです。運命を信じるかどうかは人それぞれですが、占い好きの人は運命という言葉に弱い傾向がありそう。最近ではたくさんの種類の占いがあり、インターネットで気軽にできる占いもあります。いつくかの質問に答えると今付き合っている人や好きな人との相性がわかるものや、タロット占い前世占い、さらには自分の名前や生年月日を入力すると運命の人のフルネームや現在住んでいるところ、いつ出会うかなどがわかるものもあります。付き合っている人と一緒に占ったり、片思いの人との相性を占ったりして良い結果がでたら、「本当に運命かも!」なんて期待してしまいそう。

 特に女性は運命という言葉にトキメキを感じやすいようですが、信頼や繋がりはその人と付き合っていく中で築かれていくもの。《誕生日が一緒》だったからといって、「これって運命!?」と早とちりして相手をじっくり見ることを忘れないように注意してくださいね。