同じ職場にいて、毎日顔を合わせる部下。それがカワイイ部下だったら会社に行くのも楽しみになってきませんか? 「部下にしたい女性有名人ランキング」では、3人同率1位で、《綾瀬はるか》《長澤まさみ》《新垣結衣》がランク・イン。バリバリ仕事をするというよりも、清楚、透明感、素直そうといったイメージで、ほんわりとした空気感を持っている女性が部下として人気が高いようです。

 《綾瀬はるか》は『ハッピーフライト』、《新垣結衣》は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、《上戸彩》は『アテンションプリーズ』など、上位に入った女性は働く女性を演じるドラマに出演しています。テレビ番組で苦労しながら一生懸命働く役のイメージも、「部下にしたい」という評価へとつながっているのでしょうか。彼女たちが出ている番組を見て、「実際に同じ職場で仕事をしていたら…」なんて想像した人も多いのかもしれません。

 1位の《新垣結衣》と《長澤まさみ》は似た者同士で気が合うからなのかはわかりませんが、プライベートでも仲が良いとか。この2人のようなコンビが部下にいたら、誰だってかわいがってあげたくなってしまいますよね。ランキングに登場した女性に会社で「先輩」なんて呼ばれたら、明るい気分になって仕事もはかどるかも!?