オフィスは一日の大半を過ごす職場。上司である自分が少しでもいい職場にしようと奮闘するも、空気を乱す困った部下。そこで『正直、こんな部下は困る!』という部下像について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《遅刻・欠勤が多い》でした。社内の打ち合わせならば調整をすることができても、訪問先との約束時間に遅刻してしまっては、最悪の場合商談が成立しなかった…なんてことも。2位の《責任感がない》と同様に、社会人としての基本が欠けているのはやはり困りものですね。3位には《挨拶をしない》がランク・イン。コミュニケーションのひとつでもある挨拶。むしろ幼い子どもの方が立派な挨拶をし、お手本となるべく大人ができていないなんて状況だけは避けたいものです。

 新人、ベテランを問わず、注意を払っても起こってしまうミス。そんな部下を頭ごなしに叱るのは避けたいと、上司が下手に出て状況説明を求めるも反省の色がないどころか言い訳を並べるばかり……。4位には《言い訳が多い》がランク・イン。続いて5位には《何度も同じミスをする》が入っています。  普段なかなか聞くことができない上司の本音、いかがでしたか? ランキングと自分の行動と照らし合わせてみて、思い当たる節があるならば気をつけてみてはいかがでしょうか。