昨年からさまざまなメディアで取り上げられるようになった言葉「草食男子草食系男子)」。「協調性が高い」、「家庭的」、「優しい」など、その特徴を見ていくと「草食男子って良いじゃない」という声も聞こえてきそうですが、彼らが草食と呼ばれる最も大きな特徴「恋愛に積極的でない」に関してはそうも言っていられません。

 「草食男子はなぜ恋愛に積極的でないのか?」——その理由を聞いてみたところ、最も多くの人が「理由はコレなんです!」と答えたのは《一人の時間を大切にしたい》でした。もともと男性は趣味や遊びに没頭できる一人の時間を大切にする傾向がありますが、草食男子は特にこうした傾向が強いようですね。今回のランキングでは《今の状況に満足している》や《面倒くさい》などが上位に来ていますが、いずれも1位同様に「恋愛に労力をあまりつぎ込みたくない」という考えが根っこにありそうです。

 「恋愛よりも自分の時間を優先させたい」に次いで回答が多かったのは《恥ずかしがりや、シャイ》や《ふられるのが怖い》など、恋愛に対するマイナス面の感情からくるもの。恋愛はしてみたいし彼女もほしい、でも失敗はしたくないという男性が昔に比べて増えているということなのでしょうか? 告白は必ずしも男性からアプローチするものではないという最近の風潮も、こうした及び腰で受け身な男性の増加に拍車をかけているのかもしれませんね。

 国立社会保障・人口問題研究所の「第13回出生動向基本調査」(2005年実施)によると、未婚男性のうち9割近くが「いずれ結婚するつもり」と答えた一方で「一生結婚するつもりがない」と答えた男性もわずかながら増加傾向にあり、草食男子がこれ以上増えてしまうと割合がさらに大きくなる可能性も……。明るい日本の将来のためにも、女性の皆さんには草食男子をバシバシ捕獲してもらいたいものですね。